ゆるゆるベジタリアンシェフ & 乳製品・卵を使わないビーガンのペイストリーシェフやってます。体に良いのに美味しい!がレシピづくりのモットーです♪


by ASTY_55

カテゴリ:未分類( 20 )

イベントのご報告

一年以上のご無沙汰です。 書こう書こうと思っても書けなかった一年間、訪問して頂いた方ありがとうございます。 その一年の間、色んな事がありました。本当に色んなことがあったので、何から説明していいか分かりません。 でも色んなことがあった中でも、一番ご報告したいこと。それは、友人とビーガンスウィーツの販売を始めたこと。 「As kitchen」という名前で始めた小さなビジネス。少しづつ育てていけたらいいなと思います。 4月にイベントを開催したのでそのご報告。今回はKaikoというかわいい子供服と一緒のコラボイベントでした。

d0095837_11531769.jpg

左からフィグココナッツスコーン&ココアジャムドットクッキー、レモンポピーシードマフィン&ブルーベリーアーモンドマフィン
d0095837_11334765.jpg

左上段からオーツクランベリークッキー&チョコチップバナナスコーン、ブラウニー
左下段からマカルーン3種 オリジナル・ココア・レモン、 ファッジ 3種

12月のスタートしたAs kitchen。何度も試作を重ねて作ったビーガンのお菓子たちです。一緒にやっているSonomiさんの協力がなければここまでこれなかったでしょう。 
今回のイベントにも沢山の方に来て頂きました。やっぱり目の前で食べてもらって反応があるのは、作り手にとって楽しい時間です。

d0095837_1284157.jpg

今回一緒にイベントをしたKaikoさんは、東日本大震災へのチャリティTシャツとトートバッグも販売しました。Kaikoの子供服は、個性的でかわいくて、次回日本帰国のときは、甥っ子姪っ子たちへのプレゼントにしようと思いました。6月4日にBrookilyn キャロルガーデンのフリーマーケットにも参加されるそう。 いや、本当にかわいいです。 

As kitchenは今週の日曜日、チャリティイベントに参加します。
詳しくは次回日記にて。
[PR]
by asty_55 | 2011-05-12 11:47
桜も満開、すっかり春ですね!昨日は、夏のようで、もう少し春を楽しみたいと思った一日でした。さて、4月のクッキングクラスのご案内です。春は色んな旬の野菜が沢山食べられる時期ですが、今回は、そんな春野菜の中でもデトックス効果のある野菜や食材を使った料理を紹介します。

春野菜でデトックス料理
イタリアンをベースにして和素材をアクセントにお料理を仕上げます。
デトックス効果のある旬のお野菜とその効能についても紹介します。

☆新玉ねぎとヒジキの彩りサラダ
ヒジキを洋風に料理します。新玉ねぎやパプリカを加え彩りよく仕上げます。
☆春キャベツの温サラダ ゆず胡椒ドレッシング
キャベツを沢山食べれる、簡単美味しいサラダです。
☆アスパラガスのリゾット
青海苔をアクセントに使った簡単リゾットです。
☆白身魚のソテー アスパラガスとブロッコリーのグリーンソース
春野菜を使って作る簡単ソースを紹介します。
☆オレンジのムース
オレンジと豆乳で作るムースにオレンジを飾って彩り華やかに仕上げます。

【日時】 4月17日(土)11:30~2:30
      4月19日(月)11:30~2:30 定員となりました。
      4月20日(火)11:30~2:30
【料金】 50ドル
【持参していただくもの】 お持ち帰り用のタッパー、筆記用具、エプロン、タオル

リピートクラス 
「フルーツを使ったビーがンスウィーツ」のクラス

今回は、ヴィーガンのスウィーツをフルーツやあるものを使っていかにリッチな
味を出すのかのポイントの紹介もさせて頂きます。

【メニュー】
☆レモンとカランツのオーツクッキー
  カランツの甘みとレモンの酸味がマッチしたソフトタイプの簡単クッキーです。
☆ブランマンジェ  with ブルーベリーソース
  ブランマンジェはアーモンド風味の乳製品で作るフランス菓子。
  豆乳とアーモンドスライスを使ってプディングらしい食感を出します。
☆コンポートアップルとクランブルのパウンドケーキ
  コンポートしたアップルとクランブル(オーツとピーカン)をトッピング
  した、しっとりとした焼き菓子です。
☆チョコレートムースとラズベリーのタルト
  チョコレートムースにラズベリーソースでマーブル模様に描いた
  シックな色合いのタルトです。ラズベリーを飾り華やかに仕上げます。

【日時】4月15日 2:00~4:30
【料金】45ドル
【持参していただくもの】 お持ち帰り用のタッパー、筆記用具、エプロン、タオル
詳しくはこちらをどうぞ!

 お申し込みは、asukodoi★gmail.com(★を@に変えて下さいね)までご希望の日程をお知らせくださいませ。
 

皆様のご参加お待ちしております♪
[PR]
by asty_55 | 2010-04-10 02:09
お友達のNちゃんとは同じく4月生まれ、同じ歳ということが判明し、それでは二人で祝い合おうぜい!ということで、久々に行きたかったMorandiというイタリアンレストランに行ってきました。これももう3週間近く前の話し。遠い昔のことのようです。私は基本的にシンプルなお料理が好きなのでイタリアン好き。でもせっかくレストランで食べるのに新鮮さがないのもつまらないなっていうマイナスポイントを解消してくれる、、行くごとに新しい発見があるレストランです。

d0095837_5581340.jpg

まずはフォカッチャピザ。具材は、キャベツの千切り、生ハム、チーズです。どこがベジタリアンだ!?という感じですが、外食のときはOKなゆるゆるベジタリアンなので。

d0095837_5584644.jpg

次は蟹とオニオンソースのパスタ。オニオンの甘みにケッッパーの酸味が利いて、ねじりフレッシュパスタにソースがうまく絡まって美味でした。

d0095837_5591656.jpg

カジキマグロの串焼き。丸いのはイスラエルクスクス(パスタ)だそうです。ビーツとレモンが利いたソースで。こちらもビーツの甘みとソースの酸味で食べるあまり食べたことがない組み合わせ。おいしい!

d0095837_611256.jpg

ティラミス。チョコスポンジにマスカルポーネのムースが重なって美味しかったのですが、前の王道ティラミスのほうが私は好きでした。また戻ってくれたらいいな。
上記の写真はすべてNちゃん撮影。暗がりのなか素敵な感じで撮れてますね、さすが!また美味しいもの食べに行こうね~!

d0095837_614353.jpg

そして、その1週間半後に他のお友達にお祝いしてもらったのも同じくMorandiでした。同じフォカッチャ、アーティチョークのフリット。そして私的に今回ヒットだったのは、ブラッセルスプラウトの千切りサラダ。千切りされた生のブラッセルスプラウトにパルメザンチーズ、バルサミコ酢が効いたドレッシング。シンプルだけど生でブラッセルスプラウトを食べるという驚き(大げさだけど、あんな硬い野菜あまり生で食べようと思わない)とそのシンプルな組み合わせが美味しかったです。この後は、もう、酔っ払って写真のことはすっかり忘れてしまいました。お互い忙しくてなかなか会えなかったNYのお友達と久々に会ってなんやかんやと楽しくおしゃべりして、酔っ払った、友達っていいな~って何歳になっても思えてしまう、そんな夜でした。
[PR]
by asty_55 | 2009-05-18 06:04
2週間以上前になりますが、4月28日はお誕生日でした。お誕生日のお祝いに、彼がBlue Hillへ連れていってくれました。このレストランの自慢はなんと言っても野菜等の素材の良さです。オーナーシェフがNYの郊外に農場を持っていて、レストランで使われる殆どの野菜や肉、卵、バターなどは、その農場から。素材の良さとその使い方が何とも楽しくて、全体的にフレッシュなだけでなくなぜか爽やかなのです。今回はマンハッタンにあるBlue Hillに行きましたが、アップステートにある農場にはレストランBlue Hill Stone Barnsがあり、素材の新鮮さでは間違いなくそちらのほうが上でしょう。こちらはまだ行ったことはないけれど、近々行けたらいいなと思います。その詳しい内容は、お友達でお誕生日が同じく4月のNちゃんがブログに書いています。

さて、気になるお料理は、
d0095837_5454033.jpg

まずはアミューズから。ささったラデュッシュ、ローメインレタス、キャロットなど。

d0095837_5461865.jpg

鮎の焼いたもの。頭から丸ごと食べれてしまいます。
パルメザンチーズの焼いたもの、ビーツのミニバーガー。ビーツはパテのようになってましたが、とても甘くて美味しかった!

d0095837_5465258.jpg

そして前菜。キャンパスに描かれたような美しさ。でも凝っていても決してやり過ぎない、シンプルに素材の味が楽しめるのが私好みです。

d0095837_5473871.jpg

次に湯引きした白身魚の下に細かく切ったアスパラが入っていたます。周りにはグリーンソース。なんとも爽やか! この小さく角切りにしたアスパラが新鮮で、この前UPした白身魚とグリーンソースの料理もこちらからアイディア拝借しました。

d0095837_548630.jpg

メインディッシュはお肉だったのですが、お魚に変えてもらいました。白身魚のグリーンソース。このグリーンソース、何かのポタージュではなく、グリーンのクリアスープといった感じ。この軽さがまた新鮮でした。グリーンソースの中には、カリフラワーやブロッコリーなど旬の春野菜が入っています。

d0095837_5484060.jpg

次にレモンとジンジャーのスープ。お口直しですが、すっきりとした酸味と甘みが美味でした。

d0095837_5491318.jpg

最後にデザート。コースのデザートは違うものだったのですが、チョコレートプディングに変えてもらいました。こうゆうお願いにも快く答えてくれてスタッフの方も感じの良い方でした。

お誕生日と知って、キャンドルつき。シンプルで素敵!というべきか、ちょっと忙しかったの?というべきか。この潔さが!?新鮮です


大満足なディナーでした。次はStone Barnsに行きたいな!!
[PR]
by asty_55 | 2009-05-18 05:50

ヨガ旅行

明日から2泊3日でコニーアイランドのファイヤーアイランドにあるビーチにヨガ旅行に行ってきます。ケータリングチームの先輩!?であり、料理学校でクラスメイトであったマイケルのアシスタントシェフとしての参加です♪ OM Factoryが主催するこのヨガ旅行、借りたビーチハウスでみんなで寝取りまりし、ピーチでヨガなどするなんともヘルシーな企画なのです。

参加人数25名で主にベジタリアンの人が多く、小麦粉・ソイミルクを避けている人がいるということなので、寒天のジュレとピーナッツクッキーをデザートにすることにしました。このデザートは以前にクッキングクラスのお手伝いをした奈津子さんのレシピです!
メニューはマイケルが決めてくれたので、お菓子は私担当となり、NY時間深夜1時、ピーナッツクッキーを焼いております(汗) 明日、起きれるんだろうか・・・。そして一部焦がしました(涙)

d0095837_14305650.jpg

こんな小さい鉄板でせっせと焼きました。
d0095837_14311214.jpg

コンテナ4つ分になりました。焦げ気味クリスピータイプ(笑)としっとり柔らかタイプの2種類!
[PR]
by asty_55 | 2008-09-12 14:45

エコバッグ 第一号

なんだかんだと言いながらなかなか購入出来なかったエコバッグ。ついに購入しました~こちらでーす↓ジャジャーン
d0095837_14225581.jpg

DEAN & DELUCAより、大・小2種類。どっちにしようか迷ったけど、両方買っちゃいました♪気になるお値段は。。。大12ドル、小11ドル。この大きさの違いでなぜ1ドル差なのか不明だけど、今のところ小さい方が大活躍です~。今まで鞄に入りきらない荷物は紙袋を使っていたけれど、この小さいバッグはそうゆう荷物にちょうど良い!A4サイズの本も入って底もあり、でもかさ張らないというかなり使える感じです。

これのお陰でちょっとした買い物の紙袋やビニール袋をいらないですって言う機会が増えました~♪良かった良かった。
[PR]
by asty_55 | 2008-09-09 14:27

FEED 100 BAG

アメリカで何店舗も出店しているオーガニックなどの食品を中心に扱うWHOLE FOODS MARCKET。NEW YORKにも数店舗出店している。オーガニックな食品を扱うスーパーだけに、環境問題にも取り組んでおり、数ヶ月前に、ビニール袋を撤廃、100%リサイクルペーパーで作られた紙袋に変更された。ビニール袋の方が環境破壊の比率が大きいそうです。どのように大きいかはまた別の機会で。

その際に、マンハッタンにあるWHOLE FOODS MARCKETの1店舗のディスプレイでこんなオブジェ?を発見。ガラス越しなので見え難いけれど、プラスチックバックを小さくまとめ、その中に入れられた土から小さな植物の芽が覗いています。色違いのビニールで作られた文字は「-1」。まずは小さな一歩からというような意味なのかしら。
d0095837_1375594.jpg


そして数週間後、また同じショーウィンドーの前を通りかかると、こんなディスプレイに変更されてました。
d0095837_1311417.jpg
この[FEED 100 BAG]は、確か25ドル。この25ドルで、100食分の食事をアフリカの子供達に提供できるというもの。撮り方が悪くて見え難い・・・(汗)

d0095837_1326697.jpg
これが店内で並べられていたもの。麻のコンパクトなポーチのようなものを広げると真ん中の白いバッグになります。麻のポーチ部分は広げたときにバッグの底になるという優れもの。以前からエコバッグを探していた私は買うか買わないか真剣に悩みましたが、「FEED 100 BAG」なんて書かれた鞄をサラッと持てないなんてしり込みしちゃったのと、畳んだときにちょっと大きすぎるので却下。

街中でお洒落にこの鞄を使いこなしてる?ニューヨーカーを発見。お洒落なお父さんがベビーカーにぶら下げてたり、かなり使い込んで汚れたバッグをかっこよく持っているお姉さんなど。私がお洒落エコロジーなニューヨーカーになるには、まだ道のりが遠いようで・・・

環境問題や飢餓問題でさえ、上手く企業姿勢のPRとして使っていくのはさすがだな、と思ったWHOLE FOODS MARCKETのビニール袋撤廃でした。関係ないけれど、果たして私の理想のエコロジーバッグはいつ見つけられることやら。
[PR]
by asty_55 | 2008-08-15 13:29

洗剤の選び方

d0095837_1250109.jpg
人それぞれ何か物を買うときに選択の基準があると思う。さて、洗剤の場合はどうでしょう?

母は、そうゆうことにうるさい方で、
「お皿を洗うときは油をふき取ってから」 とか
「お鍋のあとのお汁をそのまま流しに流すとそれを浄化するのにバスタブ何倍分ものお水が必要なのよ!」とか。
私は小さい頃から耳にタコが出来るほど言われていた。今思えば母は進んだ人だったのかもしれない。
そして洗剤も石鹸洗剤を昔から使っていたように思う。
子供心に何の香りもない石鹸洗剤じゃなくて、コマーシャルに出ているような合成洗剤に憧れたりもしたけれど・・・。

結局、体にいいもの、地球にいいもの、とオーガニックな生活を追及していくと、食べ物だけじゃく、洗剤も、石鹸も、歯磨き粉もと、生活全般で使うものにまで目がいくようになり、洗濯には、ECOVER(エコベール)の洗剤を使っている。合成洗剤との違いは、洗濯し下水に流れた後に自然物質に戻るのかどうかということ。

これはNew Yorkならではなのかもしれないけれど、街を歩いているとオーガニックを売りにしたクリーニング店もちらほら見かける。料理学校で富豪層に乳がんが多いのは、食事もあるけれど、クリーニングを利用する率が高く、その使われている洗剤が衣服を通して直接肌に当たることにより、乳がんの可能性をあげるという論文も読んだことがある。あくまで懸念の範囲だけれど、便利な代償は思わぬところで払う可能性もあるんだなと思わせる論文だった。

オーガニックなものは、多少割高になる。
そして、家で洗剤を使うくらいでは、確実には目に見えない。
でも、知ってしまった以上、出来る限り、地球に優しいをモットーに選択していきたいなと思う。

去年、私の周りはベビーラッシュだった。実姉が女の子を産み、兄嫁が男の子を産み、親友3人はそれぞれ男の子を産んだ。まだ自分の子供はいないけれど、自分のため、自分の子供のためだけじゃなく、これから地球で生活する人たちのために、少しでも住みよい地球であってほしいなと思う。

d0095837_1312366.jpg

去年の12月に産まれた姪っ子。堂々とした熟睡っぷり。癒されます~♪
[PR]
by asty_55 | 2008-08-14 13:08
前回紹介した、決められた材料で即興でメニューを作るクラスのテストがありました。2つのグループに分かれて料理を作る初めてのグループテストでした。

私のグループは5人。
メニューは相談の結果、
「スウィートコーンのスープ」
「キャロットのサラダ」
「ポルトベッロ茸のライス詰め 豆腐のオーブン焼きを添えて」
「マンゴーのタルト」 でした。

私の担当は「マンゴーのタルト」になり、早速調理開始。
まずは、クラフト作りから。アーモンドを砕いて粉とベーキングパウダー混ぜ、別のボウルでメープルと、カノーラオイル、塩を混ぜ、二つを混ぜ合わせます。タルトパンに生地を貼り付け、オーブンでほんのり茶色くなるまで焼きました。

次はフィリング作り。 マンゴーの皮を剥き、果肉とレモン汁を一緒にフードプロセッサーにかけます。そして、水抜きのためボイルしておいた豆腐も別にフードプロセッサーでなめらかにしておき、混ぜました。 でも、豆腐を使ったのはちょっと失敗。マンゴーのピューレがとてもなめらかなので、豆腐が目立ってしまいました。なので、シノワという漉すためのザルのような器具をつかって漉しましたが、次はちょっと考えよう。
ブラックベリーのソースも作って完成したのがこちら。

d0095837_141563.jpg


クラスメイトに味見してもらうと「Perfect!」「Kawaii-(かわいい)」とか言ってもらい嬉しかった♪そしてこのタルト、先生が、それぞれの料理を5点満点で味とプレゼンテーションを採点するのですが、両方とも5点満点をもらいました♪♪ 

その他の料理も紹介です。
こちらがコーンスープ。私が作るときは、お鍋で炒めてから煮ますが、これをつくったアネットはオーブンでローストしてました。また違った味になって面白い。赤いのはレッドペッパーで作ったホットソース。味のアクセントになってました。
d0095837_1421880.jpg


こちらがキャロットのサラダ。ジューン作。ドレッシング忘れてしまいましたが、カランツ(干し葡萄の一種)をあしらって。サラダ菜をお皿に見立ててます。
d0095837_14235219.jpg


こちらがアントレ。サラとクリス作。バルサミコ酢をオリーブオイルでマリネしオーブンで焼いたポルトベッロマッシュルームにピラフを乗せてまたオーブン焼き。バルサミコ酢のソースと一緒に。豆腐はパン粉をまぶしてオーブンで焼いたみたいです。
d0095837_14254032.jpg


今までのテストの中で一番楽しかった~ 
マンゴーのタルトは作ったことがなかったけれど、こうなるはずという予想をたててレシピを作る楽しいなと思ったクラスでもありました。
[PR]
by asty_55 | 2008-05-20 14:30

レモンタルト

みんなそれぞれ、好きなケーキがあると思う。ケーキ屋さんに行くと必ず食べたくなるケーキや、たまに無性に食べたくなるケーキ。甘党なら一つや二つあるはず。
日本で洋菓子の企画会社に勤めていたことがあり、それまであまりケーキを食べるほうではなかった私も色々と食べるようになった。その結果、洋菓子の食べすぎ(生クリーム、白砂糖、卵の食べすぎ)は体に良くないと、身を持って体験することになり、ヘルシーな食事についての興味がさらに深まる結果になったわけだから、人生何が良くて何が悪いか分からない。その会社で同僚だったパワフルIさんが良く言っていた「無駄なことなんて何もないのよ~、後で何かの役にたつんだから!!」という言葉が時々頭の中をこだまする。本当に、あの時やっていたあの事が、あの時は何の役に立つかも分からず辛いだけだったことが、後から何らかの形で役に立ち、後から感謝することになったりするわけだから、人生分からない。

また話しがそれてしまったけれど、今ケーキ屋さんに行くと必ず食べたくなるのがモンブランとチョコレート系のケーキ、たまに無性に食べたくなるのがレモンケーキ。

このブログにもよく登場するPeterのレシピでレモンタルトを作ってみた。
アーモンドとメープルとカノーラオイル、全粒粉ペイストリーフラワーのクラフトに、ココナッツミルク、メープル、レモンジュース、レモンゼスト、ヨーグルト、寒天フレークのフィリング。
自分が自宅で作ったケーキの中で一番美味しかった♪やるなぁピーター。

d0095837_637313.jpg

[PR]
by asty_55 | 2008-04-09 06:39