ゆるゆるベジタリアンシェフ & 乳製品・卵を使わないビーガンのペイストリーシェフやってます。体に良いのに美味しい!がレシピづくりのモットーです♪


by ASTY_55

カテゴリ:Restaurant( 7 )

私のお気に入りのベジタリアンレストラン「Blossom」にお友達と行ってきました。なつこさんのお菓子教室のアシスタントの後だったので、Houstonからテクテクテクテク歩いて21stまで。いや、歩くつもりはなかったんだけど、気持ちが良かったのでつい。途中ちょっと後悔したけれど、やっぱりマンハッタンは歩いてなんぼです。いい汗を軽くかいて、 Blossomへ到着。

食べたのは、
d0095837_14434868.jpg

ラビオリ カシューナッツクリーム ラビオリの中身はほうれん草、マッシュルーム、松の実。クリームもリッチな味で美味しかった。ナッツってけっこう使えるのです。

d0095837_14441132.jpg

セイタンのサテ ピーナッツカリーセサミソースのヌードルと一緒に。今までセイタンはあまり好きではなかったけれど、ここのセイタンは本当に美味しい!作り方是非知りたいなぁ。

d0095837_14444793.jpg

スタッフド(詰め物した)ポルトベッロマッシュルーム タヒニソース。詰め物の中身は豆腐、ウォールナッツ。アプリコットの入ったクスクスとアスパラガスを添えてありました。

そしてデザート。
d0095837_1445514.jpg

バナナメイプルタルト。甘味の効いた、ソイクリームが美味。
d0095837_14452013.jpg

チョコレートガナッシュ、チョコレートアイスクリーム添え。ここのチョコレートケーキも美味しいんですよ~。始めて食べたとき感動した(笑)
窓際に座っていたので、最初はまだ自然光で写真が明るいですが、デザートまでだんだんと日が暮れてきたのが分かるようになってます。

盛り付けも勉強になるし、またちょくちょく来たいな。一緒に行く人が楽しいとご飯もより美味しい。

Blossom Vegan Restaurant
212-627-1144
187 Ninth Avenue(bet 21nd st & 22nd st)
H.Pはこちら 
[PR]
by asty_55 | 2008-03-29 14:51 | Restaurant

奇跡のアップルパイ!

d0095837_12523842.jpg
大げさなタイトルだけど、ANGELICA KITCHENで食べたVegan(卵・乳製品を使わないこと)のアップルパイがリッチでVeganとは思えない味だったのでご紹介です。

大体、Veganのスウィーツ類は制約がある分、「このくらいの味でしょうがないよね・・・」とか、「Veganの割りに美味しい」という感想になりがち。焼き菓子はともかく、ケーキ類になるとさらに難しくなるのだけど・・・このアップルパイはきっちり甘くて外側のクラフトもサクッ、ホロッとしていて、横に添えられた豆腐ホイップも豆腐臭くなく・・・美味しかったです。

ただそれだけ、メープルやらオイルやら味をリッチにするものが沢山使われてるってことになるんですが、せっかくケーキを食べるなら、美味しい!と満足して食べたいなと思うので、ここのケーキはお勧めです。

美味しかったので自分でも作ってみたいなと思い、お店の人に使っている材料を聞いてみました。そうすると、何を使っているか一覧表になったファイルを貸してくれたので、材料を書き写し、写真を撮影しとしていたら、どうやらちょっと怪しいお客さんになってしまったみたい。。。


ANGELICA KITCHEN
300E 12th Street
at Second Avenue
212-228-2909

[PR]
by asty_55 | 2007-05-02 12:54 | Restaurant

行きたかったレストラン

姉が来ていたので、先週末から今週始めまでずっと観光三昧でした。ここぞとばかりに、以前から行きたいなと思っていたけど、値段が高いので、友達を誘えずにいた、レストランを予約して、行ってきました。

1件目はEscaというシーフードイタリアンレストラン。
初めて行ったので、Tasting Menuを頼みました。

まずは、6種のRawseafood(刺身)を3種ずつ2回に分けて提供されました。
お刺身の食べ方って、醤油とワサビより、素材によってはレモンと塩が美味しいなぁと最近思います。お寿司になると、塩とレモンより、醤油とワサビの方が合う確立が高くなりますけどね。今回も、ブラックペッパーとレモンで食べたハマチが美味しい!と思いました。
この刺身がとっても美味しかったので、次の料理への期待がかなり高まりました。

次に、Halibut(オヒョウ)の頬骨のフリッター。 衣がサクっ、フワっとしていました。
その次に、Clam(ハマグリ)のグリル。 少し塩辛かったです。
その次に、ツナのボロネーゼ。シーフードレストランなので、普通ならお肉が使われるボロネーゼもツナで。お肉のボロネーゼよりもさっぱりした感じでした。姉は肉と言われたらそう思うよね~と感心してました。
その次に、メイン料理。タラのカツレツでした。これも子牛のカツレツの魚版ですね。衣がカリッとしていました。

最後に、デザート。プチフールが出てから、私には、3種のソルベ(マンゴー、チョコレート、ココナッツ)の盛り合わせ。姉には、チョコレートケーキとピスタッチオのアイスクリーム。こちらはどちらも美味しかったです。

最初のお刺身とデザートはとっても美味しかったけれど、後はあまり感動がありませんでした。サービスもうーん、おぉ!!と思うものがなくって、また来たい!!!とは思いませんでした。こうゆうのは相性もあるので、一概に言い切れません。お刺身を中心にアラカルトメニューを食べに行くのにいいかもしれません。

Esca
402 West 43Street NY
212-564-7272
http://www.esca-nyc.com/index.html


姉の最終日に行ったレストランは、Blue Hill。
自家農場や地元の農家から、オーガニック野菜や肉を仕入れていて、オープン以来、NYのスローフードブームを牽引しているんだそうです。
こちらも初めてなので、Tasting Menuを頼みました。

まずは、スクワッシュのスープ。ガーリック、ビーツ、サツマイモの薄ーいチップス付きでした。スープはほんのり甘くてほっとする味。美味しかったです。

次に、ホタテのグリルとアーティチョークのピューレと、ハマグリの泡立てた柑橘ソース。これまたホタテがプリッとしていて、アーティチョークのピューレをからめて食べると、柔らかいもの同士のハーモニーが口の中に広がって、美味しかったです。最近、ホタテがマイブーム。ハマグリとエスプレッソの泡のように、泡立てられた爽やかなソースの組み合わせも美味しかった!一緒に添えられていた、Seabeansという緑色の細いプチプチした海草も美味しかったです。

その次に、バジル風味のフィリングのカネロニ。周りにイカのソテーが添えられていましたが、柔らかくて美味しい!バジル風味のソースも、酸味が加えられていて、爽やかな味でした。

その次がメイン料理。本来ならラム肉なんですが、お肉苦手なんですと相談したらお魚に変えてくれました。
タラのソテーにセロリのリゾット添え。こちらもお魚はプリッとジューシー。セロリが効いたリゾットも美味しかったです。

最後にデザート。ガラスの器に入ったクリームチーズケーキに塩味が効いた胡桃が入ったキャラメルソースがかけられていました。このソースが、濃厚だけど淡白になりがちなチーズケーキにアクセント。
ワインをグラスで頼んだのですが、2種のワイン、どちらにするか悩んでいたら、2種類ともテイスティングさせてくれました!これは嬉しいサービスでした。

デザートのときに飲んだお茶は、紅茶とほうじ茶がメニューにありました。緑茶だけでなく、ほうじ茶も浸透してきているんだなと感心。

全体的に、大満足。どのお料理も美味しく、味も濃すぎず、美味しい素材を引き立てる味付けも驚きがあって、量もちょうど良く、サービスもとても良くて、また機会があれば来たいなと思いました。


Blue Hill
75 Washington Place NY
212-539-1776
http://www.bluehillnyc.com/main.html
[PR]
by asty_55 | 2007-03-31 02:59 | Restaurant

豆メニュー

今日、紹介するお店はベジタリアンのお店ではないけれど、ベジタリアン用メニューがあるお店です。こちらには結構そうゆうお店が多くて、例えばタイ料理、ベトナム料理店ならば「お肉、えび、野菜、豆腐の中から好きな具をチョイスして下さい。」というようなスタイルが多いので一緒に行く友達に気兼ねなく、ヴェジタリアンメニューを選択出来ます。
ただ普通のカフェでは、あまり見かけなかったので、このお店でヴェジタリアンメニューを見つけた時は少し嬉しくなりました。

Good Enough to Eat
年始に友達が日本から遊びに来た時に、アメリカ自然史博物館の帰りに寄ったお店。目玉商品は、パンケーキでお店の看板も牛の絵がならんでいるような、典型的なウェスタンフードを提供しそうなお店なのですが・・・・

なんと、ヴェジタリアンメニューを発見してしましました。
で、思わずパチリ。 ヴェジタリアンではない友達は、私がそんな事に反応して、写真まで撮っているのが理解出来ない様子・・・・。「どうしたの?」と怪訝な顔をしてました。

d0095837_10413811.jpgで、こちらがそのメニュー。
Vegetarian Burger with French Fries
バーガーのパテは、お豆さんでした。豆ハンバーガーですね。ちょっとボリュームがすごくて、フレンチフライもあいまって、食べ切れませんでしたが、お肉は食べれないけど、ハンバーガーもどきが食べたいヴェジタリアンにはもってこいのメニューです。

d0095837_10435937.jpg店内も不思議な雰囲気。Tシャツ売っていたり、銀色の物体がブラブラしています。そして、このお店のウェイターに、腕に刺青が入った、どう見ても日本人っぽいファンキーでかっこいいおじ様がいました。ちょいわるオヤジって感じの人。(←これがもう古いのかな?)で、トイレに行きがてら話しかけてみたら、なんと日系三世。「日本語ゼンゼンハナセマセン」って言ってはりました。話しかける前までは、けっこう渋くきめてはったんですが、いったん話しかけてみるととてもフレンドリーで、帰り際には、「また来てね!」と素敵な笑顔でかわいく手をふってくれました。

パンケーキを食べるお店でもこうしてヴェジタリアンメニューを選択できるのが嬉しいし、店内も清潔で、ケーキ類も充実してます。ヴェジタリアンもノンヴェジタリアンも楽しめるお店、日本ももっと増えたらいいな。

Good Enough to Eat
483 Amsterdam Ave(bet.83rd & 84st)
212-496-0163
[PR]
by asty_55 | 2007-03-05 10:57 | Restaurant

Vegan cake

Zen Plateは、Union Squareと46stと9Aveに2店舗展開するチャイニーズヴェジタリアンレストラン。待ち合わせまで時間が空いた時など一人でもよく行くレストランです。この日は、用事があったので46stのお店に行き、VeganCakeをテイクアウトしました。

d0095837_6584288.jpgそれがこちらChocolate raspberry cakeです。これをくださいとレジにいたお兄さんにいったところ、その目がクリッと笑顔のかわいいお兄さん、「これVeganなんだよ、すごいよね!僕もこれ大好きだよ!!」と満面の笑みで言っていました。お兄さん、かわいい・・・。こんな風に人を笑顔にさせるケーキ、いいなぁと思いました。豆腐や寒天や豆乳、メイプルシロップでこんな美味しいケーキが作れてしまうんですね。実は、最近レストランでベーカーとして働き始めたのですが、仕事が終わるとレストランの端でランチを食べながら、私が焼いたVegan(卵・乳製品を使わない)のマフィンやスコーン、クッキーを買っていく人達を見ています。クッキーをテイクアウトして、店出るなり食べ始める人や、どれを買おうか笑顔で悩んでたり、マフィンを買うだけのためにお店に来ている人を見ると、「よしっ今日も美味しいのを焼こう!」と思います。

「Veganって何?」って人には、卵や乳製品を使わない焼き菓子やケーキなんて、「どんなものなの?」って思うと思います。ただ、卵や乳製品、小麦粉アレルギーなんて人も増えているのが現実。しかも、卵や乳製品の摂り過ぎは、体に良くない事は、私も身に持って体験済み。人の体質にもよると思うのですが、日本で洋菓子の企画開発をする会社にいた私は、毎日沢山の洋菓子を食べていました。仕事だし食べない訳にはいかないけれど、体はしんどかったです。でも、開発室のパティシエたちが作り出すケーキや、東京に行った際、視察を兼ねて食べた歩いたケーキは、本当に美味しくて、大好きでしたけどね・・・。また食べたいです。

いくらVeganだからといって、甘いものの食べすぎは良くないのであしからず。あまりストイックにならず、私もレストランや友達の家では卵や乳製品食べてます。ただ、アレルギーじゃないし、ヴェジタリアンでもないけど、乳製品ではなくて豆腐クリームを使ったVeganケーキも美味しいから、食べようと思ってもらえるようなケーキを作って行きたいなと思います。


ZEN PLATE
34 East Union Square
New York
212-614-9291

663 Ninth Ave(at 46th St)
New York
212-582-1669
[PR]
by asty_55 | 2007-03-02 07:10 | Restaurant

Christmas Dinner

d0095837_4581475.jpg先週はChristmasがあったこともあり、パーティーの手伝いが2件ありました。1件はEddieの友人を招いたChristmas Dinnerで、私の友人も来てくれてとても嬉しかったです。左がMaichelで右がEddie。真ん中の私はてかってますね。


メニューは

Tuna Taretare
~マグロのタルタルにレモン風味のオリーブオイルをかけて~
Coconut Shrimp Soup
~タイ風ココナッツスープ~
Roast Turkey
~香草をまぶして焼いたターキー~
Roast Beef
~ローストビーフ~
Mash Potatos With Ikura and Cream Cheese
~マッシュドポテトにイクラやクリームチーズを添えて~
Wild Rice
~ワイルドライスと玄米、マッシュルームと人参、セロリのピラフ~
Roast Vegetable
~香草でマリネした野菜のオーブン焼き~
Busche de Noel
~クリスマスにはかかせないケーキですね~

毎回Eddieのお友達や知人がホームパーティーにやってくるのですが30%は毎回来るEddieの友人で、後の残りは毎回違う人がやってきます。毎回「Eddieとはどうやって知り合ったの?」という会話からスタートする自己紹介、Eddieの顔の広さが伺えます。クリスマスイブなのに女性一人でやって来て初めて知り合った人と楽しく話して酔っ払い帰って行きます。アメリカ人は話し好きなんだなぁと実感。Eddieのスタジオ兼自宅でDinnerを食べてもらうのですが、場所貸し、ケータリングもやってますのでNY在住の皆様、パーティーあったらお気軽にお問い合わせ下さい!

また、22日は友人のT氏の会社のクリスマスパーティーのお手伝いを頼まれました。T氏は立派な仕事を持ちながら、きちんと寿司も握れるいろんな引き出しを持った多才な人。寿司包丁や寿司用まな板、寿司桶まで自前で持ってきてロールを3種類作っていました。食べたアメリカ人達は「Great!!」と大騒ぎ。さすがです。私は和食というオーダーだったので、インゲンと人参の白和え・蓮根のキンピラ・蕎麦サラダ(相変わらず)の3種類を作りました。各20人前というオーダーでこの量を一人で作るのは初めて。しかも当日の会社のキッチンにはコンロがないので全て仕込んで持っていかなければならず、やはり湯がきたてが美味しい蕎麦サラダはこうゆうと時は向かないなぁ等と色々と勉強になりました。結果は、寿司に完敗。勝ち負けではもちろんないけれど、こちらではSUSHIを作らずして日本食は語れないようです。そういえば、料理学校で知り合って仲良くしている韓国人女性も今SUSHI SCHOOLに行っています。またEddieの年末のパーティーでもSUSHIを握るとのこと。やはりこちらではSUSHIへの関心度が高いようですね。
[PR]
by asty_55 | 2006-12-28 05:10 | Restaurant

FRIDAY NIGHT DINNER

d0095837_12421240.jpg前回の日記でも書いたNATURAL GOURMET INSTITUTEでは、FRIDAY NIGHT DINNERという名称の金曜日だけ利用できるレストランがある。Chef's Training Programの生徒が先生と一緒にトレーニングの一環で作るのでオーガニック食材を使い、スープ・前菜・メイン・デザートで34ドルとかなりお得。先週、友達のEちゃんと行って来ました。毎月テーマがあるんだけど、今回はカリビアンでした。
メニューは、

SMOKY CALLALOO SOUP
Almond-Roasted Red Pepper Cream Whole Wheat Crisp
Callalooというグリーン野菜のスープ。レッドペッパーが利いていて美味しかった。
d0095837_12262560.jpg


JERK TEMPEH FILLED PATTIES
Tamarind Sauce
Mizuna and Frisee with Cilantro Vinaigrette
テンペ(インドネシアの大豆の発酵食品)の揚げ餃子。
d0095837_1226442.jpg


GUNGO PEAAND RED RICE RISOTTO
Garlic Sauteed Rainbow Chard
Braised Red Beets
Mango Relish
Green Mango Curry Sauce
赤米のリゾット。ドライマンゴーチップとフレッシュマンゴーがアクセントになってました。
d0095837_12272797.jpg



VANILLA BEAN GINGER CUSTARD
Brazil Nut Tuille Square
Pineapple Wedge
Caramel Sauce Cranberry Syrup
ジンジャーとバニラ風味のカスタードを器の形にしたチュイルに入れて。
d0095837_12274441.jpg



とても美味しくてとっても満足でした。

そして何より嬉しいのは、一緒に行ったEちゃんがベジタリアン料理に興味を持ってくれたこと。それをきっかけに今はRawFoodを実践中。他の韓国人の友達も私の料理を食べたり話しを聞いた事がきっかけで、「今まではレストランでもお肉を選択してたけど、野菜や魚という選択に変えるようになって、それが胃にもたれず美味しいことに気付いたよ」と話してくれた。

話しだけだと、ベジタリアン料理??ってなるけど、実際に食べてもらえばいいんだなって実感。これからも少しずつ輪を広げていきたいなと思います。
[PR]
by asty_55 | 2006-12-08 12:38 | Restaurant