ゆるゆるベジタリアンシェフ & 乳製品・卵を使わないビーガンのペイストリーシェフやってます。体に良いのに美味しい!がレシピづくりのモットーです♪


by ASTY_55

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

THE FOOD REVOLUTION

d0095837_1012145.jpgこの本、こちらに来て英語の勉強の為に選んだ2冊目の本。たまたま選んだ本だったけれど、その内容は衝撃の内容でした。ブログに書こうと思いつつもすごく時間がかかってしまいました。

THE FOOD REVOLUTIONの著書JOHN ROBBINSは、あの有名なアイスクリームチェーン店Baskin Robbinsを経営する一族の元に産まれ、幼少の頃は、毎日、時には朝ごはん代わりにアイスクリームを食べていたそうです。当然のように、家族や親族の中には肥満や心臓病や糖尿病、高血圧に苦しんでいる人が多いそうです。彼は一人息子で、お父様は一緒に働くことを望んだそうですが、彼はこれを拒み、別の道へ。彼が書いたこの本と「Diet for a New America」は大ベストセラーになっています。

この本に主に書かれているのは、私達が普段口にしている家畜や養殖の魚がどの様に作られているかということ。
例えば、子牛。生まれてすぐ母親から離され、振り向くことも一歩も動くことが出来ない柵の中で育ったために自力で動くことが出来ない筋肉が発達しないまま、柔らかい子牛として売られている。 
ほとんどの家畜がこのような状況で育てられていて、一歩も動くことが出来ない柵の中、太陽の光を見ることもなく、首にチェーンをされたまま、その命を終える。例えば豚は、ストレスの為、周りやその豚自身を攻撃出来ないように歯を抜き、尻尾を切ってしまう。
解体するときも、電気を当てて殺すのですが、きちんと死ぬまで電気を当てるとお金がかかるので、まだ意識のある状態で苦しみながら解体される。というようなことが書かれています。

私自身は、この家畜の状況を写真付きで読んだため、その衝撃はかなり大きかったです。

養殖の魚についても書かれていて、一般的に一匹の魚に与えられる面積はお風呂のバスタブの半分の面積。当然、他の魚達とぶつかり攻撃し合いが起こるのでストレスや怪我、病気が発生しやすい。それを防ぐためにたくさんの抗生物質が与えられているようです。サーモンにいたっては、野生のサーモンのようにピンク色にならないので、人口着色料をえさに与えている。この抗生物質は家畜にもたくさん与えていて、人間も薬として抗生物質を飲むよりも、家畜から摂取する割合の方がかなり高いようです。

また、安く養殖の魚を作るために、養殖場は発展途上国に移されており、そこでの自然環境破壊はすさまじい勢いで進んでいるようです。

自然環境の破壊が進めば、地球温暖化として、私達にも返ってくることでもあるなと思います。

この本を紹介することで言いたいのは、決してお肉を食べるのが悪いことというのではなく、家畜や養殖の魚がどの様に作られているのか知って欲しいということ。

オーガニックといっても色んなものがあるので一概に信用出来ませんが、上記のように育てるよりは、値段が高くなるのは当然です。高いから買わないのではなく、オーガニックで育ったお肉はこれだけの値段なので食べれる範囲で食事に取り入れるという風になればいいなと思っています。家族がいればそれも中々難しいことだとは思うけれど、知らないよりは知っているほうがいいかなと思うので、紹介してみました。
[PR]
by asty_55 | 2007-04-23 10:26 | Book

最近のご飯

最近のマイブームは、レストランで食べたあの味を再現!ってやつです。といってもしょっちゅう外食してる訳ではなくて、たまに友達と行ったレストランで「美味しい!」と思ったものをネタ帳に書いておき、後で作る感じです。

で、この茄子とトマトの重ね焼きがその一つ。レストランではラザニアとして食べたんだけれど、母が昔に作ってくれた料理を思い出しました。パスタなしで、チャレンジ。茄子を焼きなすの要領で焼き、皮をむき、二つに分け、オーブントレイに乗せ、作っておいたトマトソース、おろしたチーズをかけ、また茄子を乗せ、トマトソース、チーズを3回やりました。

結果はもう少し、きちんと焼き茄子の段階でナスを焼いておいたら良かったなというのと、カリッとした食感を出すのに、パン粉をふればよかったなぁと思いました。
また作って納得の味になったら、パーティーで出したいな。
d0095837_1152231.jpg
家では食べないチーズ。たまにはいいかーと使ってみました。残りは冷凍してあります。冷凍してもすぐ使えるから便利ですね。


続きまして、ポテトのソテー。これは何回か作ってるんだけど、まだ自分の中では完璧ではないなぁって感じです。せん切りポテトに塩・胡椒・小麦粉を加えて、油を熱したフライパンで焼くだけ。カリッとした感じが好きです。アンチョビがある人はいれてもいいかもせれません。
d0095837_11594675.jpg


で、これは先日連れて行ってもらった韓国料理屋さんで食べたPotatoCakeを再現。ジャガイモを蒸してマッシュ。塩・胡椒、炒めた玉ねぎを加え、成形し、フライパンで焼くだけ。表面に何もつけなかったもの、ポテトのせん切りをまぶしたものの2種類作りました。レストランで食べた同じ食感にはなりませんでした。これもまた再チャレンジだなー。
d0095837_120662.jpg


おまけで、アボカド納豆丼。何も作る気しなーい。でもアボカドと納豆あるよって時にいいかも。フレッシュアボカドからエンザイム、納豆からたんぱく質、玄米から淡水化物、これでお味噌汁つけたら完璧!?
d0095837_1225797.jpg


ついでに作ったなめたけ。これすごく簡単。出汁に調味料(醤油、酒、みりん)を入れて沸騰させてからエノキダケを入れるだけ。瓶詰めでも売っているけれど、普通だったら1週間で腐るものが何ヶ月ももっちゃうのは、よくよく考えたら怖いなと思ってしまいます。
d0095837_1263284.jpg

[PR]
by asty_55 | 2007-04-21 12:09 | Vegetalian cooking

ぎっくり腰

随分と更新をサボってしまいました。先月半ばからルームメイトの真夜中(3時、4時)の騒音による睡眠妨害により、調子を崩し、姉がNYに遊びに来て、その後、色々と忙しくしていたら、持病の腰痛が・・・マッサージでなんとか凌ごうとしたけれど、水曜日、目が覚めてベッドの中で伸びをしたら背中の骨が「ゴギッ」!!!!????  やばい!!と思ったけど、もう遅かった。

ぎっくり腰って経験したことありますか?それはそれは痛くてかなり情けない感じです。一日目は歩くことすらままならず、立ってられない状態・・・・(泣)今週の色んな予定をすべてキャンセルし、仕事もお休みさせてもらい、家でただひたすら眠って、本読んでの生活をして、3日目。回復の兆しです。ほぉー良かった。でもまだまだ外出は怖いので、明日、あさってくらいまでは家でのんびりしようと思います。

忙しいからって運動怠けたら痛い目に合いますね~。痛くてしょうがなかった一日目はそんなこと考える余裕はなかったけど、こののんびりした時間が出来てよかったなと、またのんきな事を考えてます。NYって本当に忙しい。ほっといてもどんどん予定が入ってきて、それはそれで楽しいけれど、自分で上手いこと調整しないとだめよねーと思いました。

この暇な家での時間を有意義に。最近、全く更新できなかったブログもまとめて更新しようかと思ってます。

ルームメイトの騒音を乗り切ったアイテムのご紹介。姉がNYにいる間にプレゼントしてもらった「Sleepytime」というぐっすり眠るためのHarbtea。カモミールとミント配合。これが結構効きました。後は、日本から持ってきたアロマオイルを枕にたらしてみたり、Lavender配合のBodyoilを使ってみたりと。これらのアイテム結構優れものでぐっすり眠れるようになりました。でも一番効果的だったのは、ルームメイトへのお願い。今まで何度かお話してたので知っていると思っていたけど、改めてお願いしてみると、本当にびっくりして申し訳なさそうでした。やっぱりコミュニケーションは必要だなぁと感じて一件落着。
d0095837_6243350.jpg
       けっこうあなどれない優れもの。眠れない人は是非お試しくださーい。
[PR]
by asty_55 | 2007-04-21 06:27 | 私のこと。

Living food = Raw food

先日とあるベジタリアンレストランでメニューを見ていたら、「Living food」というメニューカテゴリーを発見。その意味は、生きてる食べ物=Raw food 調理していない生のフルーツや野菜のメニューのことのようです。以前にRaw food(生の野菜、フルーツを使った料理)レストランやその理論について日記を書きましたが、それ専門のレストランでなく、ベジタリアンレストランでもRaw foodが取り入れられているんだなぁと感心しました。

Living foodやらRaw foodやらと言われても何だかピンとこないと思いますが、私は、朝にはフルーツ、家ご飯でたまに生野菜のサラダを作ることで取り入れるようになりました。

その中の一品がこのサラダ。グリーンサラダにローストした胡桃を加え、マンゴースライスを加えました。ドレッシングは、バルサミコ酢を加えたシンプルなオリーブオイルとビネガーのドレッシング。この様にサラダとフルーツを一緒に食べるのが最近のマイブーム。マンゴーじゃなくても、柑橘類のフルーツやリンゴなんかでも合うと思います。
d0095837_8252633.jpg



で、もう一品は、焼きなすの洋風サラダ仕立て。 オニオンスライスを上にのせて、ケッパーを効かせたドレッシングで。オニオンスライス、もっとわさ~と乗せてもいいかなと思います。なすびは焼きましたが、オニオンは調理せずにスライスしただけ。これは洋風に仕上げましたが、焼きナス+オニオンスライス+茗荷+しそ+醤油 でも立派な和風サラダになりますね。焼きなすって少し地味ですが、火を通したなすびは美味しいなぁと思います。ただ、なすびは体を冷やすので、食べすぎは良くないし、今の時期よりも、夏にキンキンに冷やして食べたいサラダです。
d0095837_8262260.jpg

[PR]
by asty_55 | 2007-04-08 08:27 | Vegetalian cooking

Ana's Birthday party

先月にEddieのお客様、Anaの誕生日パーティーがありました。AnaのボーイフレンドがAnaを驚かせようとこっそり企画したバースデーパーティーで、その彼のおうちでのケータリングパーティーでした。場所は、ミッドタウン。1階にはレセプションがあって、ガードマンがいる、いわゆる高級マンション。リビングは一面窓で、窓の外はビルビルビル。窓から緑が見えないといやな私にはちょっぴり落ち着かない空間でした。

こんなマンションに住むくらいだから、ある程度お金持ちな方なんだろうなぁと思ったのですが、そのご本人、ガールフレンドのシークレットバースデーパーティーの為に、せっせと部屋を片付けたり、風船をふくらましたり、お誕生日パーティーのための装飾を一生懸命されていて、なんだかとってもいい方でした。

今回のお料理は、手巻き寿司をメインにそのほか数種。手巻き寿司は、カウンターにネタを並べて、「ヘイ、らっしゃい、何巻きましょう?」みたいな感じで、ご希望通り、もしくはお任せで巻きます。今回のネタは、マグロ、カンパチ、鰻、海老、イクラ、蟹のほぐし身、キュウリ、アボカド、人参・・・などなど。

今回、バースデーパーティーに参加したお客様の中に、日本語ベラベーラな方がいてびっくり。あそこまで早口に日本語をきれいに喋れる外国人は初めてで、秘訣をお伺いしたところ、仕事で名古屋に6年ほど住んでいて、名古屋には外国人がおらず、日本人ばっかりとつるんでいて喋れるようになったと。奥様がアジア人ふうだったので、日本人かと思いきや、台湾人。でも彼女のおじい様は日本語を喋れるので、おじい様とは日本語で会話されるそうな。いやいやインターナショナルですねー。

今回のパーティーの主役Anaはどうやら40歳になられたようです。若々しい外見からは想像がつかないのですが、お客様がほとんど帰り、AnaとAnaのボーイフレンド、親しい友人数人がこんな会話をしていました。

ボーイフレンド「○○に、Anaはところで何歳になるの?」って聞かれてさー。一堂、クスクス笑い、Anaが「4歳だよー」ってかわいく言ってました。アメリカ人でも年齢がネタになるのは変わらないんだなーと妙に感心。そういわれてみれば、40っていう数字の飾りがあちらこちらに飾られてます。30代になるとふっきれて楽しいですが、40代なんてもっとそうなんでしょうね、きっと。

d0095837_13423718.jpgパーティーが終了し、余ったハマチを頂きました。普段、刺身でハマチなんて絶対買わないので、真剣にどう食べるか考えました。その結果、洋風と和風で分けて食べようと決心し(大げさ)、洋風は、ハマチのカルパッチョ、オレンジとオニオンスライス添え、バルサミコ酢とオリーブオイルをかけ、塩・胡椒をパラリ。和風は、漬けにしてとろろ丼ぶりに。どちらもうまーい!!そして簡単。甲乙つけがたい、対決となりました。

d0095837_13491834.jpgハマチの漬けは、色合いが悪かったので、写真を撮りませんでした。その代わりと言ってはなんですが、あまった長いもで別の日に作った、長いも、納豆丼。長いもをソテーし、醤油で味付け。ご飯を器にいれ、納豆、オニオンスライス、長いものソテーをのせ、海苔をぱらり。長いもってソテーしてもホクホクして美味しいです。
[PR]
by asty_55 | 2007-04-03 13:58 | New York