ゆるゆるベジタリアンシェフ & 乳製品・卵を使わないビーガンのペイストリーシェフやってます。体に良いのに美味しい!がレシピづくりのモットーです♪


by ASTY_55

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0095837_3375510.jpg

先日、Whole foods の The Culinary Centerでお馴染みPeter Berleyが教える「Celebrate soy!」という豆腐料理のクラスがありました。ラッキーにもアシスタントをさせてもらえることに。こちらのクラスは、Houseさんが主催されました。Houseさんといえば、日本ではハウス食品で有名ですよね。こちらでは、Houseさんの豆腐がいろんなスーパーで売られています。

メニューは、
「Tofu with Lemon,Soy,White Wine, and Butter Souce」
オーブン料理なのですが、まず耐熱の深めの容器に豆腐をならべ、バター、ネギ、生姜をちらし、混ぜておいた液体の材料(白ワイン・醤油・レモン汁・蜂蜜)を注ぎ、コンロで煮てからオーブンで焼いた料理。

「Sweet Ginger Tofu」
こちらも上と同様、耐熱の容器にスライスした豆腐と液体の材料(醤油・みりん・米酢・ごま油)とジンジャー、ガーリック、フレッシュチリを入れてコンロで煮てからオーブンへ。液体がなくなるまで焼きます。こちらはお蕎麦と一緒に提供しました。

「Phylo Pie with Lemon Tofu, Winter Greens、and Mushrooms」
こちらは、フィロという薄い小麦粉と水で作られたパイ生地を使ったオーブン料理。耐熱容器にフィロを数枚並べ、炒めたマッシュルームと野菜をいれ、さらにフィロを数枚重ね、豆腐とレモン、ハーブで作った豆腐チーズをいれ、さらにフィロを重ねてオーブンで焼いたもの。

d0095837_3372993.jpg

アシスタントしてたので、出来上がりの写真がありませんが、フィロのパイが一番好きかも。左がフィロのパイ、右側がレモンや醤油の液体と一緒にオーブン焼きしたもの、ライス添え。
Peterは昔マクロバイオティックをしていたのが信じられないくらい濃いめの味付けで、バターもふんだんに使います。私には濃いけれど、やはり素材の組合せは面白いので勉強になりました。アメリカ人にとっては豆腐そのものを楽しむ冷奴とか無理なんだろうか・・・と考えさせられました。3品ともマリネするか、豆腐にさらに色々と加えることで、豆腐本来の味を楽しむというより、ヘルシーで淡白な豆腐をいかに調理するか、というクラスだったような印象。

アシスタントも勉強になるけれど、色々と次の進行に気をとられてあまり話しや行程を見れないのが残念! でも、色んな出会いに恵まれた本当に楽しい一日でした♪
[PR]
by asty_55 | 2008-04-29 03:46 | Cooking school

レモンタルト

みんなそれぞれ、好きなケーキがあると思う。ケーキ屋さんに行くと必ず食べたくなるケーキや、たまに無性に食べたくなるケーキ。甘党なら一つや二つあるはず。
日本で洋菓子の企画会社に勤めていたことがあり、それまであまりケーキを食べるほうではなかった私も色々と食べるようになった。その結果、洋菓子の食べすぎ(生クリーム、白砂糖、卵の食べすぎ)は体に良くないと、身を持って体験することになり、ヘルシーな食事についての興味がさらに深まる結果になったわけだから、人生何が良くて何が悪いか分からない。その会社で同僚だったパワフルIさんが良く言っていた「無駄なことなんて何もないのよ~、後で何かの役にたつんだから!!」という言葉が時々頭の中をこだまする。本当に、あの時やっていたあの事が、あの時は何の役に立つかも分からず辛いだけだったことが、後から何らかの形で役に立ち、後から感謝することになったりするわけだから、人生分からない。

また話しがそれてしまったけれど、今ケーキ屋さんに行くと必ず食べたくなるのがモンブランとチョコレート系のケーキ、たまに無性に食べたくなるのがレモンケーキ。

このブログにもよく登場するPeterのレシピでレモンタルトを作ってみた。
アーモンドとメープルとカノーラオイル、全粒粉ペイストリーフラワーのクラフトに、ココナッツミルク、メープル、レモンジュース、レモンゼスト、ヨーグルト、寒天フレークのフィリング。
自分が自宅で作ったケーキの中で一番美味しかった♪やるなぁピーター。

d0095837_637313.jpg

[PR]
by asty_55 | 2008-04-09 06:39