ゆるゆるベジタリアンシェフ & 乳製品・卵を使わないビーガンのペイストリーシェフやってます。体に良いのに美味しい!がレシピづくりのモットーです♪


by ASTY_55

FEED 100 BAG

アメリカで何店舗も出店しているオーガニックなどの食品を中心に扱うWHOLE FOODS MARCKET。NEW YORKにも数店舗出店している。オーガニックな食品を扱うスーパーだけに、環境問題にも取り組んでおり、数ヶ月前に、ビニール袋を撤廃、100%リサイクルペーパーで作られた紙袋に変更された。ビニール袋の方が環境破壊の比率が大きいそうです。どのように大きいかはまた別の機会で。

その際に、マンハッタンにあるWHOLE FOODS MARCKETの1店舗のディスプレイでこんなオブジェ?を発見。ガラス越しなので見え難いけれど、プラスチックバックを小さくまとめ、その中に入れられた土から小さな植物の芽が覗いています。色違いのビニールで作られた文字は「-1」。まずは小さな一歩からというような意味なのかしら。
d0095837_1375594.jpg


そして数週間後、また同じショーウィンドーの前を通りかかると、こんなディスプレイに変更されてました。
d0095837_1311417.jpg
この[FEED 100 BAG]は、確か25ドル。この25ドルで、100食分の食事をアフリカの子供達に提供できるというもの。撮り方が悪くて見え難い・・・(汗)

d0095837_1326697.jpg
これが店内で並べられていたもの。麻のコンパクトなポーチのようなものを広げると真ん中の白いバッグになります。麻のポーチ部分は広げたときにバッグの底になるという優れもの。以前からエコバッグを探していた私は買うか買わないか真剣に悩みましたが、「FEED 100 BAG」なんて書かれた鞄をサラッと持てないなんてしり込みしちゃったのと、畳んだときにちょっと大きすぎるので却下。

街中でお洒落にこの鞄を使いこなしてる?ニューヨーカーを発見。お洒落なお父さんがベビーカーにぶら下げてたり、かなり使い込んで汚れたバッグをかっこよく持っているお姉さんなど。私がお洒落エコロジーなニューヨーカーになるには、まだ道のりが遠いようで・・・

環境問題や飢餓問題でさえ、上手く企業姿勢のPRとして使っていくのはさすがだな、と思ったWHOLE FOODS MARCKETのビニール袋撤廃でした。関係ないけれど、果たして私の理想のエコロジーバッグはいつ見つけられることやら。
[PR]
by asty_55 | 2008-08-15 13:29